豊富な臨床例で選ぶ京都市インプラント歯科医院 >> インプラント治療コンセプト

第一の選択肢は天然歯の温存-慎重に診断します、
インプラント治療

インプラント治療が発達した今日、永久歯を抜いたからといって入れ歯にならず、それまでとほとんど変わらない食生活が楽しめるようになってきました。しかし、私たちにとって一番の歯は、やはり自身の天然歯です。

「京都市インプラントガイド」を監修する今出川前田歯科医院・タキノ歯科医院では、歯を失った方に対しては、現在できる最善の治療としてインプラント治療をおすすめしていますが、治療コンセプトの根本としているのは「歯を抜かずに済む治療」です。たとえ数年でも天然歯を残せるのならば、そのほうが患者様の身体への負担は少ないからです。

他の医院で「歯を抜きましょう」といわれたときには、大切なご自身の歯を抜く前に、ぜひ私たちにご相談ください。今出川前田歯科医院・タキノ歯科医院は、患者様と同じ気持ちでその大切な1本の歯に向き合います。

天然歯を生かすための治療

患者様の大切な歯を残すために、私たちは「再生療法」や「根管治療」に力を入れています。抜歯はどんなに手を尽くしても歯を残せない場合の最終手段としてしか行いませんので、安心してお任せください。

再生療法

再生療法とは、歯周病などによって顎の骨や歯ぐきが痩せてしまった場合に、もとの状態へと近づける治療法です。歯周病によってグラついてしまった歯も、しっかりと固定することができます。

エムドゲイン法 エムドゲインゲルという歯周組織再生誘導材を顎の骨が失われた部位に塗り、骨の再生を促す方法です。
GTR法 顎の骨が失われた部位に「メンブレン」という人工膜を張り、歯ぐきが入り込むことを防いで骨の再生を待つ方法です。
根管治療

虫歯が神経まで達してしまった場合には、歯を抜かずにとっておくために、神経を除去し、神経が入っていた部分(根管)をきれいに清掃・消毒してふたをする「根管治療」が必要になります。

ただし、根管は非常に複雑な形状をしており、肉眼での治療には限界があります。そのため、非常に高い技術力はもちろんのこと、患部をしっかりと見るための器具の使用が欠かせません。私たちは拡大鏡を使用することで、患部をしっかりととらえながら、安全かつ確実な根管治療に努めています。

1.治療前

2.神経除去

3.清掃・消毒

4.薬物貼布

5.根管充填

6.補綴物装着

根管治療は失敗してしまうと、後になって細菌が増殖してトラブルになり、最悪の場合抜歯を余儀なくされるケースもあります。歯を残せる可能性があるうちに、信頼のおける医院、少なくとも拡大鏡などの設備が充実している医院で根管治療を受けることをおすすめします。

インプラント治療でお困りの医院様へ

「京都市インプラントガイド」を監修する今出川前田歯科医院・タキノ歯科医院は、インプラント治療において20年以上の臨床実績があります。また、勉強会やセミナーに積極的に参加するだけではなく、講師としても参加し、日本のインプラント治療の発展に寄与しています。

貴院で治療が難しいケースや、技術や設備の面で解決が難しい問題が生じましたら、両院までお気軽にご連絡ください。ご相談をうけたまわるとともに、治療途中からの受け入れも可能な限り対応させていただきます。

インプラントドクター紹介

医院紹介